導入事例

TRIZ, QFD, タグチメソッド、シーズドリブンQDなどの体系的開発手法と、
Goldfireソフトウェアを活用した、IDEAのクライアント企業の活用事例を紹介します

開発力を強化するメソッドがわかる資料はこちら

お客様の声をご紹介します

各事例の詳細は、画像か事例タイトルをクリックしてください

TOYO TIRE株式会社|新技術「Toyo Silent Technology」はどのように生まれたか

大変革期の自動車業界における、「顧客の期待や満足を超える感動や驚き」を生むための、QFD-TRIZ手法と、Goldfireを活用したイノベーション推進活動。タイヤ静音化の新技術「Toyo Silent Technology」は、どのようにして生まれたか。開発ご担当者へのインタビューです。

オリンパス株式会社|TRIZを含むオリンパス流科学的アプローチの推進

「商品価値を上げ、開発期間を短縮するために、従来の勘・コツ・自己流を脱却。科学的・論理的な開発プロセスに変えていく」ことを目標に、TRIZを含む科学的アプローチの取り組みを2009年に立ち上げました...毎年250件以上の課題に適用される「オリンパス流 科学的アプローチ」がどのように進化してきたか、推進部門のご担当者にお話を伺いました。

伸和コントロールズ株式会社|限られた経営資源でもヒット商品を生む、革新的製品開発の挑戦の軌跡

専任のマーケティング部隊もなく、潤沢な予算や人員があるわけでもありません。限られたリソースで如何に効率的にヒット製品を生み出すかが課題でした。こうした状況を打開しようと、QFDとTRIZを活用した取り組みをスタートさせました...目覚ましい飛躍を遂げた同社のQFD-TRIZ活用の軌跡を、インタビューで振り返ります。

TOYO TIRE株式会社|新材料(シーズ)を新事業機会(ニーズ)へ繋げる。用途探索のアイデア創出

新たに開発した技術(材料)を、どのような用途のどのような課題解決に繋げるか。従来のやり方では、情報が限られ、発想も広がらない。そんな状況を打破するために、シーズ起点の「機能」で考え、発想するアプローチを実践。イノベーション支援ソフトGoldfireを活用した、用途探索のアイデア創出の取り組みについて、研究ご担当者にお伺いしました。

小林製薬株式会社|「あったらいいな」を技術シーズ起点に発想する

研究開発部門が「技術シーズを、顧客価値に翻訳」することで、研究開発とマーケティング部門のより密接な協働を促し、事業部一体で新商品のアイデアを創出できるようにしてきたいです...「あったらいいな」を技術シーズ起点に発想する、シーズドリブンQD手法とイノベーション支援ソフトGoldfireの活用について、推進担当者のお二人にお伺いしました。

Everest Textile Co., Ltd.|市場をリードするイノベーション実現のためのアイデア発想力強化

将来に渡り市場をリードする力を維持するために、当社では「イノベーション」を最優先に考えています。研究者・技術者が、先入観や狭い知識に囚われずに常に新しいアイデアを出して、当社の顧客企業に高い価値を提供し続ける必要があります。TRIZは、Everest Textileが今まさに必要としているものだと直感しました...台湾の高機能ファブリックメーカのTRIZの取り組みを紹介します。

リバーエレテック株式会社|自社のユニークな技術を活かせる新規事業機会の創出

自社のユニークな技術を活かせる新規事業機会の創出。シーズドリブンQD手法とイノベーション支援ソフトGoldfireを活用した、水晶共振子の用途開発。事業化が停滞していた新技術を、シーズドリブンQDのシステマチックなアプローチで、どのように事業展開したか。同社の新規事業創出の取り組みについて、ご担当者にインタビューしました。

水島プレス工業株式会社|自動車部品メーカの【待ち受け型から提案型製品開発】への転換

大変革期の自動車業界における、自動車部品メーカの【待ち受け型製品開発から提案型製品開発】への転換の取り組み。QFD-TRIZ手法の連携活用で、市場の変化に対応し、顧客の期待を超えるような魅力的な製品開発を目指す。水島プレス工業の取り組みについて、開発ご担当者にお伺いします。

株式会社ニチダイ|精密鍛造金型のトップクラスメーカの、 自社技術を起点とする新商品開発

精密鍛造金型のトップクラスメーカによる、自社技術を起点とする新商品開発の取り組み。シーズドリブンQD~TRIZ~タグチメソッドの連携活用。オンリーワンの技術・商品開発を目指した、ニチダイ様の取り組みについて、担当役員と開発担当者のお二人にインタビューしました。

オーエム機器株式会社|思い込み、惰性、意見の偏りを打破。先入観を排除した新商品開発

QFD-TRIZで先入観を排除した新商品開発 ~思い込み、惰性、意見の偏りを打破するために組織的に取り組む。付加価値の高い新商品、競合差別化を目指して取り組んだ福祉機器の商品コンセプトづくりについて、開発ご担当者にインタビューしました。

伸和コントロールズ株式会社|コンペで連勝。半導体製造プロセス用精密空調装置の50%小型化を実現!

開発手法“QFD-TRIZ”の活用で、半導体製造プロセス用精密空調装置の50%小型化を実現! 後に経営幹部が、同社の「飛躍のきっかけ」になったと振り返る、主力製品の開発プロジェクト。QFD-TRIZ手法と支援ソフトGoldfireを活用して、「コンペで連勝」となる新製品をどのように生み出したのかを紹介します。

オリンパス株式会社|『技術者にも共通言語が欲しいね・・』から始まった科学的手法の活用

当時の開発本部長クラスの集まりで、『技術者にも共通言語が欲しいね・・』ということになりました。他社もベンチマークして、QFD、TRIZ、品質工学をコアとして私たちの部門で推進して行こうとなったんです...QFD, TRIZ, タグチメソッド(品質工学)をコアとする、技術者の課題に合わせた科学的アプローチの構築について、2014年当時のインタビューです。

JNC株式会社|化学メーカの研究部門と生産技術部門を、アイデア発想で支援

中期計画上、大きな課題となっていた、次世代の柱となる新事業の創出と、R&Dから生産(事業化)までのプロセスのスピードアップを図るために、TRIZを導入。研究部門と生産技術部門を、アイデア発想で支援。大手化学メーカのTRIZ活用について、2014年当時のご担当者に話をお伺いしたインタビューです。

メルテックス株式会社|「顧客に言われるまま」を見直し、新コンセプトを創出

顧客に言われるままに、個別開発していた。そんな開発プロセスを見直したい...そんな課題に取り組むために、QFD-TRIZ-タグチメソッドを連携活用。QFD-TRIZを活用し、表面処理薬品を用いて新コンセプトを創出。セミアディティブ法における新技術を構築。2014年当時のご担当者インタビューです。

貴社の課題を 私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら