i-Advanced TRIZ®

課題分析ソフトウェア
iQUAVIS IDEA Package

製品開発プロセスにおける様々な課題を効率よく解決
課題解決の「考える力・発想する力」の組織的レベルアップをツールで支援

iQUAVIS IDEA Package

iQUAVIS IDEA Package
製品開発における様々な課題を効率よく解決。課題解決力の組織的レベルアップを支援

iQUAVIS IDEA Packageとは

iQUAVIS IDEA Packageは、“「機能」で考える”目的別課題解決プログラムを効率良く実践するためのツールです。
 

目的別の各プログラムの課題分析ツール・ワークフローが、ソフトウェアとして実装されています。

 

製品開発プロセスにおける様々な課題を効率よく解決。
さらに、課題解決の「考える力・発想する力」の個人依存を脱却し、課題解決力の組織的なレベルアップに取り組むことができます。

 

iQUAVIS IDEA Packageは、株式会社電通国際情報サービス(ISID)と株式会社アイデア(IDEA)のコラボレーションにより生まれました。
ISIDの開発の見える化ツール「iQUAVIS」と、IDEAの膨大な実務コンサル経験で培われた課題解決ノウハウを融合しました。

 

iQUAVIS IDEA Packageソフトウェアは、目的別課題解決プログラムの活用コンサルティングと組み合わせて、IDEAより提供します。

 

iQUAVIS IDEA Package
の紹介動画はこちらから

「機能」をベースに網羅的・多面的に分析、課題の本質を掴む

「機能」は、製品や技術、それらの構成要素の存在目的を表します。また製品や技術とそれを使う顧客のニーズを繋ぐのも「機能」です。

 

製品・技術や生産工程、ユーザが製品を使うときの行動や操作、これらを空間・時間視点の「機能」で捉えることで、課題を網羅的・多面的に分析し、先入観に囚われずに課題の本質を見究めることができます。

iQUAVIS IDEA Package分析図

ひとつひとつの課題解決の結果と過程が、開発ノウハウとして蓄積・共有できる

iQUAVIS IDEA Packageを使えば、開発プロジェクトで取り組んだ課題解決の情報が、iQUAVISサーバ上で一元管理され、関係者で共有できます。

 

すべての分析は、“「機能」で考える”という共通思想で統一されているので、単に情報を共有するだけでなく、専門分野が異なる担当者でも容易に理解し再利用可能です。

 

様々な課題を効率良く解決すると共に、課題解決の思考過程・判断をしっかりと見える化し、課題解決を通して得られた知見・ノウハウを蓄積・共有できます。

 

「初期の開発のときに、どう考えてこういう判断になったのか分からなくて困った」、「過去にも類似の課題があったのに、その時どう考えて解決したか参考にできない」・・・そんなムダがなくなり、課題解決ノウハウを自社の強みとして活かしていくことができます。

iQUAVISサーバで情報共有

iQUAVIS IDEA Packageの特長

ヌケモレのない多面的な分析

ヌケモレのない分析
全ての課題解決プログラム共通の「課題分析」では、目的に応じて空間・時間の両方の視点で機能分析するので、ヌケモレのない多面的な分析ができます

プログラムの連携

プログラムの連携
開発テーマ探索から生産に至るまで全てのプロセスで適用可能な目的別プログラムが用意されており、各プログラムは連携して使うことができます

検討と共有の効率化

検討過程の共有
各プログラムは「機能」の考え方で統一されています。思考が途切れることなく効率の良い検討ができ、関係者間での共有も容易です

容易な操作性

分かり易い操作性
分析や評価では、目的や思考の流れに沿ったワークフローが予め設定されているので、ツールの操作に特別な習熟は不要です

作業と結果がわかりやすい

作業を分かり易く見える化
各プログラムの検討プロセスとアウトプットは、iQUAVISのツリー図、ワークシート図を使って作業を進め、結果を把握できます

常に最新の情報を維持

関連する分析情報の自動更新
途中で部品構成や機能に変更があっても、iQUAVISの特性を生かして、分析モデル情報は常に一元的に更新され、最新情報が維持されます。ヌケモレない検討が可能です

貴社の課題を 私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら