【無料】
「顧客のハートをくすぐる商品を生み出すための
QFDセミナー」
開催中

~ ヒット商品に繋がる開発企画のやり方を知ってみよう ~

製造業における
ヒット商品の創出に不可欠な2つの力を組織的に強化

ヒット商品が生み出せない理由と手法の適用

ヒット商品が生み出せない理由
(「日経ものづくり」誌アンケート結果より)

上の図は、「日経ものづくり」(2013年2月号)に掲載されたアンケートでの、「ヒット商品を生み出せていない理由は?」という問いにに対する開発担当者やマネジメント層の回答結果(図の左側)と、その各項目に対してどの体系的開発手法(QFD、TRIZ、TM: タグチメソッド)が有効かを示したものです。

アンケート結果からも明らかなように、ヒット商品を生み出すためには商品企画力と技術開発力は必須ですが、注目すべきは両者が“車の両輪の関係”にあるということです。

商品企画が優れていても、それを実現できなければ”絵に描いた餅”に終わってしまうし、技術開発力があっても、優れた商品企画に基づいて商品として顧客に価値を提供できなければ、大きな損失となってしまいます。かといって折衷案的に既存の技術、既存製品の延長線上で商品を企画すれば、競合との差別化が出来ない中で顧客の満足度は徐々に失われ、収益は悪化し、マーケットシェアはジリ貧になってしまいます。

”車の両輪”=商品企画力(QFD)と技術開発力(TRIZ)

QFDは、顧客の声を起点に、顧客のニーズを分析し、顧客にとって価値のある、顧客にとって魅力的な商品を開発する、という“徹底的に顧客視点に立ったニーズドリブンな商品開発”を実践するプロセスです。

QFDの品質表作成の過程では、企画部門と技術開発部門が情報交換し円滑なコミュニケーションツールとして機能します。「顧客のニーズ → 提供する商品の品質企画 → それを実現するための技術課題」という一連のプロセスが可視化され、上述の“車の両輪の関係”が共有されることになります。

さらに、TRIZによる技術開発力の飛躍的向上とセットで、連戦連勝の仕組みづくりが可能になります。

本セミナーでは、QFDによる商品開発のプロセスを身近な事例で紹介し、従来の商品企画との違いと有効性を体験していただきます。

 

※ 同業他社、個人事業主の方の参加はお断りしております。

QFDについてもう少し知りたい方はこちらから

こんな方におすすめ

ヒット商品を開発したいと思っている方

市場に期待以上の感動を提供したい方

開発工程の手戻りを極小化したい方

開発のリードタイムを短縮したい方

セミナー概要

セミナータイトル 顧客のハートをくすぐる商品を生み出すための QFDセミナー
日時 2月15日(火)16時~17時
3月1日  (火)16時~17時
3月15日(火)16時~17時
3月29日(火)16時~17時
参加費 無料
定員/実施形式

・各回20名/オンライン開催(Web会議システムMicrosoft Teamsを使用

・準備品: Web会議のリンク情報は、事前にご案内します
      テキストは、事前にPDF形式でお送りします

内容 ・商品開発における課題
・品質の2元性:狩野モデル
・QFD:品質機能展開とは
・QFDによる商品企画プロセス

セミナーお申し込みフォーム

※半角英数字でご記入くださいメールアドレスの間違いでご連絡できないことがあります。送信する際には、よくご確認ください。

アップロードしています。少々お待ちください。

貴社の課題を 私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら