コラム

数々の実テーマ解決に取り組んできたコンサルタントのコラムの他、
体系的な製品開発手法やイノベーション支援ソフトGoldfireの導入・推進のヒントなどをお届けします

catch-img

IDEA-TRIZ『Toolbox』第5回: TRIZで課題解決に取り組むとき、アイデアの”質”をいかに高めるか



こんにちは、IDEAの片桐です。


「発明原理」は、数あるTRIZツールの中でも、最も親しみ易く、アイデアがたくさん出るツールです。


前回のコラムでは、IDEA-TRIZ Toolboxの【40の発明原理】は、アイデア発想を強化するために、合理的かつ効率的な発明原理の選択と、発想に集中できる環境を意識してカスタマイズされているという話をしました。


  IDEA-TRIZ『Toolbox』第4回:”実務で使える【発明原理】”のための、IDEA-TRIZ Toolboxの工夫 | 株式会社アイデア TRIZの代表的な発想ツール「40の発明原理」。IDEA-TRIZ Toolboxの【40の発明原理】は、合理的、かつ効率的に“優先する発明原理を抽出する”ことにより、ユーザがアイデア発想に集中できる環境を実現しています。 株式会社アイデア


  あなたの問題解決能力を高めるTRIZセミナー 全日本製造業コマ対戦信州場所で優勝したTRIZコマ。 ”負けないコマを開発する”、その問題解決に、発明的問題解決理論「TRIZ(トリーズ)」がどのように活用されたのか? 3回のWebセミナーで詳しく紹介します。 TRIZの発想手法と、実際の問題解決への適用方法を知る。さらにTRIZ発想支援ツール『IDEA-TRIZ Toolbox』を使ってその発想法を体験できます。 株式会社アイデア




しかし、実際に発明原理を使ってアイデア出しを経験した方からは、“アイデアの数はたくさん出たけど、ありきたりのアイデアが多く画期的なアイデアが少ないよね・・・”といった感想もよく聞きます。


今回はそんな方へ「アイデアの“質”をいかにして高めるか」についてお話します。


その1)アイデア出しは”質より量”。アイデアの”質”はアイデアの”量”できまります

氷山の水面から突出している部分は全体積の約10%と決まっています。
氷山の全体積が大きければ大きいほど突出部分の体積は大きくなり、高さも高くなります。


氷山の一角

水面下のアイデアの”量”が、水面の上のアイデアの”質”を決める



優れたアイデア、画期的なアイデア、使えるアイデアも同じことで、アイデアの質は絶対的なアイデア量で決まる、といえます。


あなた自身や、身の回りにもアイデアマンと称される課題解決能力が高い方がいるかもしれません。
そうした人は水面下ではたくさんのアイデアを出していても、それらのアイデアは口にせず、水面上のアイデアだけ口にしているのであって、決して最初から質の高いアイデアを量産しているのではありません。


言い換えれば、多くのアイデアを生み出せるようになって、はじめて、アイデアの質が高くなる可能性が生まれてくるのです(たまに例外は起きますが)。


発明原理は半ば強制的にいろいろな角度からのアイデア出しを強要しますが、提案された発明原理からどれだけアイデアを出せるかは訓練、経験次第で大きく変わります。


なるべく多くの機会を設け、数人のブレスト形式でアイデア出しをして、お互いに切磋琢磨することをお薦めします。


一見すると使えないアイデア、取るに足りないアイデア、突拍子もないアイデア、そうしたアイデアもが氷山の基礎となって、質の高いアイデアを押し上げている様子をイメージしてアイデア出しを行ってください。


その2)アイデアは図解を入れ、右脳も使って発想する

「万能の天才」として名高いレオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、発明王エジソン、アインシュタインなど、天才といわれた人たちの多くはメモ魔として有名です。その中には文章だけでなく、図やイラストなどを使ってアイデアが視覚的に描かれています。


ダヴィンチのスケッチ



コンサルの現場では、発想したアイデアをポストイットに図やイラストを添えて書いて頂いていますが、アイデアを文章だけで記述したときに比べ、多くのメリットがあります。

  • アイデアが記憶に残る
  • 考えがまとまる(アイデアの完成度が上がる)
  • 俯瞰することで新たなアイデアが生まれやすい
  • 素早く理解、伝達できる

などですが、要約すると


  1. 右脳を刺激して脳の働きを活性化する
  2. (同じ時間であれば)図は文字の10倍の情報量を伝えられる

ということだと思います。


アイデアのスケッチ

図やイラストを添えてアイデアを出す


  • 従来は図やイラストはデータとしての扱いに難がありましたが、iPhoneの無償アプリ「Post-it® Plus(ポストイットプラス)」を使うと、75 x 75mmポストイットの情報をきちんと補正して取り込み画像データ化してくれるので、後の処理も劇的に改善されました。


300件のアイデア

ポストイットに描いた303件のアイデア



もし、これだけのアイデアが文字情報だけで書かれていたら・・・


アイデアは素材です。これらの素材を組み合わせて、革新的かつ実現性のある解決策(コンセプト)に磨き上げていきます。
アイデアをコンセプトに有効化していく次の工程のためにも、アイデアは図やイラストを添えて出していきましょう。


次の機会には、IDEA-TRIZ Toolboxのもうひとつの発想支援ツール【システム進化パターン】をご紹介する予定です。


片桐@IDEA


  ダウンロード:すべてのエンジニアのデスクトップにTRIZの発想支援ツールを届ける | 株式会社アイデア エンジニアが”いつでも、どこでも”TRIZを使って問題解決ができるように開発した「IDEA-TRIZ Toolbox」を紹介する資料をダウンロードいただけます。 株式会社アイデア


  IDEA-TRIZ Toolbox IDEA-TRIZ Toolboxは、IDEA流問題解決のプロセスに最適化した、TRIZ発想支援ツールです。IDEA-TRIZ Toolboxは、TRIZの代表的な発想ツールである「40の発明原理」と「システム進化パターン」を提供します。 株式会社アイデア



  IDEA-TRIZ TRIZの発想手法を実際の製品・技術開発に生かすにはどうすれば良いか?「TRIZの日本式活用法」とも呼ばれるIDEA流TRIZ課題解決フロー、そしてQFD-TRIZ-タグチメソッドの手法連携活用について紹介します。 株式会社アイデア



片桐 朝彦
片桐 朝彦

本連載コラム IDEA-TRIZ『Toolbox』の他の記事を読む

IDEA-TRIZ『Toolbox』第1回: IDEA-TRIZ(アイデア流TRIZ)ってなに?その①

2020-10-11 18:24

“貴方の直面する問題は、貴方が世界で初めてではありませんよ。先輩たちは似たような問題をたくさん解決してきたので、先輩の知恵を借りて解決してみませんか?”というのがTRIZで、私は『TRIZ先輩』と呼んでいます。

IDEA-TRIZ『Toolbox』第2回: IDEA-TRIZ(アイデア流TRIZ)ってなに?その②

2020-10-17 09:52

IDEAではTRIZのツール群を中心に、他のツールも組み込み、最も効率的かつ効果的な問題解決プロセスを構築し、お客様の問題解決、人材の育成のお手伝いをしています。それが『アイデア流問題解決プロセス』です。

IDEA-TRIZ『Toolbox』第3回: IIDEA-TRIZ Toolboxの開発コンセプトは、”いつでも、どこでも、だれでもTRIZ!”

2021-01-12 10:01

発明的問題解決手法「TRIZ」。TRIZを、”日常の道具として、気軽に使ってもらいたい”。そんな思いから開発したのが、IDEA-TRIZ Toolboxです。エンジニアの傍らの“工具箱”みたいな存在でありたいと願っています。

IDEA-TRIZ『Toolbox』第4回: ”実務で使える【発明原理】”のための、IDEA-TRIZ Toolboxの工夫

2021-01-19 10:22

TRIZの代表的な発想ツール「40の発明原理」。IDEA-TRIZ Toolboxの【40の発明原理】は、合理的、かつ効率的に“優先する発明原理を抽出する”ことにより、ユーザがアイデア発想に集中できる環境を実現しています。

IDEA-TRIZ『Toolbox』第5回: TRIZで課題解決に取り組むとき、アイデアの”質”をいかに高めるか

2021-02-01 10:39

革新的な課題解決を目指すとき、TRIZの発明原理は大変有効な発想ツールです。発明原理で”質”の良いアイデアを出すためには、適切な訓練を重ね、経験を培っていく必要があります。アイデアの”質”を高めるために、重要なポイントを解説します。

貴社の課題を 私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら