コラム

クライアント企業の数々の実テーマ支援に取り組んできたコンサルタントのコラムの他、
体系的な製品開発手法やイノベーション支援ソフトGoldfireの導入・推進のヒントをお届けします

catch-img

創造性”と”生産性”を交互に繰り返しながら、 テクノロジーは進化する



こんにちは、IDEAの片桐です。


前回は「創造性」の反対語は「生産性」というお話でした。
本件をFacebookに投稿したところ、いろいろなご意見をいただきましたので、
少し補足させていただきます。


そもそも「創造性」とは?


TRIZ(発明的問題解決理論)という、先人たちの叡智を分析して集約、体系化した手法の中に、【技術システム進化の法則】という考え方があります。


“テクノロジーは、あらゆる分野で特定のパターンに従って進化する”というもので、その概念がこちらの「進化のSカーブ」です。


進化のSカーブ

 

縦軸は「理想性」で、これが時間の経過とともに上昇していくが、ある時点で飽和する。
すると、新たな技術、イノベーションが生まれ、さらに理想性向上が続き、さらにこれが繰り返されるというものです。


私の思う「創造性」とは“既存技術の延長線上に無い、新しい起点を生み出す事”です。
進化のSカーブ上だと、従来技術、製品から新規技術、製品が生まれる“不連続”部分を飛び越える事が「創造性」になります。


改めて、創造性の反対は?と問えば、既存技術、既存製品の延長線上で改良、コストダウンを重ねる行為に該当しますが、総称すれば「生産性」の向上だと思います。


また、ジャンプしたいけどジャンプできないのは、見えない生産性の呪縛から解放されてないからだと思いませんか?(これをTRIZでは【心理的惰性】という)


もちろん、「創造性」と「生産性」は反対の特性ですが、どちらか一方というのではなく、これらを交互に繰り返しながら進化していく。というのがTRIZの教えになります。


皆さんのお仕事、テーマが進化のSカーブのどの位置にいるのか、意識してみる事をお薦めいたします。


ところで、数多くの先人はこの不連続部分をジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!してきたわけですが、どうやってジャンプしたのか?

数百万件の特許を基にそれを分析、体系化したのがTRIZの発想ツールとも言えます。
また、着地に失敗しないように何をすればよいのか? 
QFDやタグチメソッドなど先人たちの叡智がサポートしてくれることでしょう。
あとはあなたの決意だけです。


  QFD-TRIZ-タグチメソッド連携活用 QFD-TRIZ-TM(タグチメソッド)手法の連携により、顧客のニーズの発掘を起点に、開発企画と重点技術課題の抽出、課題解決策(コンセプト設計)の創出、品質・機能が安定した詳細設計の最適化までを体系的に進めることができます。 株式会社アイデア


片桐@IDEA

片桐 朝彦
片桐 朝彦

貴社の課題を 私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら