連載コラム
「TRIZの発想ツールをやさしく解説」

TRIZの代表的な発想支援ツール
「40の発明原理」と「18の進化パターン」を
実際にTRIZを活用して数多くの実務課題の解決を支援してきた
IDEAのコンサルタントがやさしく解説します

catch-img

TRIZの「40の発明原理」をやさしく解説: 第5話『組み合わせ原理』


著者(笠井&片桐)


こんにちは、IDEAのコンサルタントの笠井と片桐です。

「TRIZをやさしく解説」の連載5回目は、組み合わせ原理を紹介します。


『04 組み合わせ原理』


TRIZの発明原理 組み合わせ原理


40の発明原理の中で組み合わせ原理(Merging Principle)は、32番目に利用頻度が高い発明原理になります。

この発明原理は、異なる要素やシステムを組み合わせることで、相互作用や相乗効果を生み出すことを目指します。また、異なる業界、分野の知識や技術を統合することで、新たな市場やビジネスチャンスを生み出すことも可能です。

この原理を活用する際には、以下のようなステップが考えられます

  • 要素の特定:  組み合わせるための異なる要素や要素群を特定します。これは、技術、材料、プロセス、または他の要素である可能性があります。

  • 統合方法の検討:  要素やシステムをどのように組み合わせるかを検討します。これには、物理的な組み合わせ、相互作用、またはデータや情報の統合などが含まれます。

  • 相乗効果の評価:  異なる要素やシステムを組み合わせることで生じる相乗効果や新しい機能について評価します。これにより、組み合わせの効果や可能性を理解し、最適な組み合わせを特定できます。

  • 実装と評価:  統合されたシステムや製品を実装し、その効果を評価します。必要に応じて、統合の改善や調整を行い、より効果的な組み合わせを実現します。


​​​​​​​

『組み合わせ原理』を使うときの発想の指針

  1. 同一のあるいは類似した物体をより密接にまとめる、または組み合わせる。
  2. 同一のあるいは類似した部分を組み立てて並列動作を遂行するようにする。
  3. 物体を個々の部分に分割する。
  4. 作業を隣接または平行させる。同一時間内にまとめる。


どのような矛盾に有効か

ここに示すような特性を向上させたいとき、あるいは何か別の特性を向上させようとするとここに示すような特性が悪化してしまうとき、組み合わせ原理は有用なアイデア発想の切り口(着眼点)になるでしょう。

23: 物質損失
 材料、物質、部品などの、部分的または完全な、一時的また は永久的な損失。
01: 移動物体の重量
 重力場における物体の質量。物体を支持したり吊るしたりする時に働く力。
25: 時間損失
 無駄時間、タイムラグなど、操作を行っても何ら応答がない時間を意味する
12: 形状
 システムの外形、外観。
05: 移動物体の面積
 平面上の線で囲まれた部分の面積。物体により占有される面積、物体の表面積。


《事例》IDEA-TRIZ Toolboxより

例えば、下記の2例は、組み合わせ原理から発想できるアイデアの例です。

TRIZ発明原理 組み合わせ原理のアイデア例


発想のポイント

組み合わせ原理を活用する際には、異なる要素やシステム、アイデアを効果的に結び付けるための方法やプロセスが重要になります。そのためにはクロスファンクションチームの活用、アイデアのブレインストーミングやデザイン思考プロセスの活用、プロトタイプの作成やテスト、そしてフィードバックの収集と反映などが効果的です。


笠井・片桐@IDEA


【TRIZによる問題解決のプロセス】を実践し、
創造的な問題解決を体験する
無料セミナーはこちらから

  実務における創造的な問題解決を体験|TRIZによる問題解決体験セミナー 膨大な特許文献の統計的分析に基づいて体系化されたTRIZ(発明的問題解決理論)。【TRIZによる問題解決のプロセス】を実践し、実務における創造的な問題解決を体験するセミナーです。 株式会社アイデア


魅力的で革新的なヒット商品を生み出すための
QFD-TRIZ-タグチメソッド連携活用
無料セミナーはこちらから

  ヒット商品を生み出す仕組み|QFD-TRIZ-タグチメソッド(品質工学)連携適用セミナー 魅力的で革新的なヒット商品を生み出すための、QFD(品質機能展開)-TRIZ(発明的問題解決理論)-タグチメソッド(品質工学)の3つの開発手法の連携適用について紹介するセミナーです。 株式会社アイデア


『40の発明原理』と『18の進化パターン』を活用して革新的な課題解決を生む
TRIZを実践するための発想支援ツール「IDEA-TRIZ Toolbox」の紹介資料は
こちらからダウンロードできます

  ダウンロード:すべてのエンジニアのデスクトップにTRIZの発想支援ツールを届ける エンジニアが”いつでも、どこでも”TRIZを使って問題解決ができるように開発した「IDEA-TRIZ Toolbox」を紹介する資料をダウンロードいただけます。 株式会社アイデア


笠井 肇/片桐 朝彦
笠井 肇/片桐 朝彦

本連載コラム 「TRIZをやさしく解説」、その他の関連記事を読む

貴社の課題を
私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧