コラム

数々の実テーマ解決に取り組んできたコンサルタントのコラムの他、
体系的な製品開発手法やイノベーション支援ソフトGoldfireの導入・推進のヒントなどをお届けします

catch-img

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を組織的に強化する(第4回): 自社の技術(材料)シーズと、未来の顧客ニーズを繋ぐ


​​​​​​​​​​​​​​鹿倉プロフィール


こんにちは、IDEAの鹿倉です。


本連載コラムの第1回では、研究開発者の「テーマ創出」と「課題解決」の二つのスキルについて、個人依存を脱却して組織的に強化する取り組みとして、TRIZを核とする体系的開発手法が活用されていることを紹介しました。


第2回第3回では、テーマ創出や課題解決のための「フレームワーク」がなぜ必要かについて、ステージゲート法などのテーマ管理手法や、15%カルチャー・20%ルールのような時間配分の仕組みとの関連でお話しました。


第4回となる今回からは、私たちの「i-Advanced TRIZのフレームワーク」のメソッドとツールについて、具体的に見ていきます。



目次[非表示]

  1. 1.テーマ探索(シーズドリブンQD):自社技術(材料)シーズを活かせる、新規事業機会の探索(用途探索)
  2. 2.”機能”が、自社の技術(材料)シーズと、未来の顧客ニーズを繋ぐ
  3. 3.テーマ探索(シーズドリブンQD)のプロセス




本コラムでご紹介した内容をまとめたダウンロード資料を用意しました。是非ご覧ください。

  資料ダウンロード|R&D部門のテーマ創出と課題解決力を強化する R&D部門の開発テーマ創出と課題解決力を強化するための、体系的なメソッドと支援ソフトウェア活用の概要紹介資料をダウンロードいただけます。 株式会社アイデア


テーマ探索(シーズドリブンQD):
自社技術(材料)シーズを活かせる、新規事業機会の探索(用途探索)


「i-Advanced TRIZのフレームワーク」の一番上流のステップは、「テーマ探索(シーズドリブンQD)」です(下図)。


研究開発者のテーマ創出と課題解決を支援する、i-Advanced TRIZフレームワーク

「テーマ探索」は、研究開発や要素技術開発の初期に、用途探索や技術調査、ユーザ調査などをしながら、研究開発や技術開発のテーマを発想し、有望なテーマに絞り込んでいくプロセスです。


この段階は、未だ色々なことが、もやもや、ぼんやりしていて、まだまだ「視界不良」な状態といえます。「顧客が誰か」や「満たすべきニーズが何か」はもちろん、そもそも自社の技術の「どこが/何が競争優位の源泉となるのか」もはっきりとは分かっていない。そんな状態です。


体系的なアプローチを使って、それらひとつひとつを着実に明確にして「開発テーマ(コンセプト)」を創出するためのプロセス。それが「シーズドリブンQD」です。



”機能”が、自社の技術(材料)シーズと、未来の顧客ニーズを繋ぐ


i-Advanced TRIZの各プロセスでは、製品や技術、工程、そして顧客の行動や操作を、”機能”として表現し理解することを重視します。


テーマ探索(シーズドリブンQD)の段階では、”機能”は、自社のコア技術(やコア材料)と、未来の顧客(用途)とを繋ぐ「架け橋」になります。


”機能”が、技術(シーズ)と顧客(ニーズ)を繋ぐ「架け橋」になることを、身近な例で見てみましょう。


アウトドアやスポーツウェアに使われている「ゴアテックス素材」。
防水性と透湿性の双方に優れていて、雨や水は外から中へ通さない一方で、汗は水蒸気として中から外へ逃がすことができます。それにより、”濡れない、蒸れない”ウェアやシューズを実現する素材として知られています。


このゴアテックスは、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)というポリマーを急速に引き延ばすことで生まれた、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)という多孔質構造体からつくられているそうです。


ゴアテックスの技術の特徴は、この多孔質の孔の大きさを微細にコントロールできたことでした。


孔の大きさをコントロールできたことで、水滴は通さない(孔の大きさは、水滴のサイズの20,000分の1)、と同時に汗は水蒸気として外に排出する(孔の大きさは、水蒸気のサイズの700倍以上)、という当時としては画期的な機能を防水ウェアにもたらしました。


新たに開発した技術が、

「多孔質材の孔の大きさを微細にコントロールする」という機能をもたらし、

今度はその機能が「水滴を通さない <and> 水蒸気を通す」という機能を生み、

そしてその機能が「水滴は通さないが、水蒸気は通す」という背反する機能の両立を必要(ニーズ)としていた、アウトドア用品やアパレルメーカ、さらにそのユーザにとっての「従来の技術(素材)ではできなかった新たな価値」へと繋がっていきました。


もちろん、W.L.ゴア&アソシエイツ(ゴアテックスの会社です)は、私たちIDEAのクライアント企業ではありません。
創業者の息子ボブ・ゴア氏は、「PTFEを延伸できれば、含まれる空気量が増して、より軽量、柔軟で、低コストな材料ができる」と考えて取り組んだそうですが、そうやって生まれたePTFEが、その後どういう経緯で防水ウェアやシューズに適用されるに至ったか、そのアイデアはどのように生まれ、課題をどう解決していったかを、私たちは知る由もありません。
しかし、このePTFE技術からは、その後も様々な新しい機能が見い出され、新たな用途の新たな課題解決に適用されていったことは確かです。


私たちIDEAの「テーマ探索(シーズドリブンQD)」プロセスは、こうした、「自社技術や材料シーズを”機能”に展開し、その”機能”を介して、新しい用途、そしてその用途での新たな価値(課題の解決)に繋げる」を、個人のスキルやセンスに依存せずに、組織的に実践するための、体系的なアプローチとして生まれました。


テーマ探索(シーズドリブンQD)のプロセス


テーマ探索(シーズドリブンQD)のプロセス



「テーマ探索(シーズドリブンQD)」のプロセスは、大きく分けて、上の図に示すような5つのステップから成ります。


  1. 自社が保有する技術(材料)の特徴、競合や代替技術と比較した強み・弱みを、”機能(とその達成の度合い)”の視点で客観的に把握する

  2. ”機能”で把握した強みを生かせる用途を、思い込みに縛られずに、業種や分野を超えて広く可能性を探索する

  3. 自社の事業戦略や技術戦略との適合性に基づいて、用途候補を絞り込む

  4. 絞り込んだ用途について、未来のニーズや課題についての仮説を立てる

  5. そこから未来のニーズに応えるための課題解決を、「技術開発テーマ」として抽出


ステップ1は、自社の技術シーズや材料シーズを、”機能(とその達成の度合い)”で考えることで、直接的な競合だけでなく、代替的な技術や材料とも客観的に比較して、強み、弱み、特徴を把握することができます。


ステップ2でも、やはり”機能(とその達成度合い)”の視点で用途を展開していきます。そのとき、”機能”をより一般化していくことで、思い込みに縛られず、用途候補のアイデアを幅広く出すことができます。


ステップ3で候補用途を絞り込んだとき、ステップ1の段階で自社技術の強み(と弱み)を客観的に把握しておけば、「なぜその用途で、自社の技術は勝てるのか?」という質問に合理的に答えることができるでしょう。


研究開発部門でのテーマ探索であれば、実際にその成果を市場に問うのは数年先というケースが多いでしょう。選んだ用途における、そうした未来のニーズ、未来の課題を考えるためには、「TRIZの9画面法」というアプローチを使って考えるのが有効です(「TRIZの9画面法」については、こちらのコラム記事をご覧ください)。


  空間軸と時間軸を身に着けて 多面的な発想で新しい気づきを得る | 株式会社アイデア TRIZの「9画面法」は、自社の製品・技術を取り巻く外的・内的な要因を、空間軸と時間軸の二つの視点で考えることで、自社が将来に向けて開発すべき技術は?製品は?を発想するツールです。 株式会社アイデア


未来ニーズ(顧客課題)の仮説を立て、その仮説に基づいてユーザ調査や技術動向調査を行います。そして、仮説を検証・ブラッシュアップして、そのニーズを実現する上で、取り組まなければならない開発課題を抽出します。


この一連の「テーマ探索(シーズドリブンQD)」のプロセスでは、”機能”の切り口から様々な知識を検索できる「Goldfire」というツールが大活躍します。


次回の第5回のコラムでは、テーマ探索(シーズドリブンQD)プロセスと、このGoldfireの知識検索を活用したユーザ事例をご紹介します。


鹿倉@アイデア


※ゴアテックスに関する参考サイト
​​​​​​​ゴアのテクノロジー | 日本ゴア合同会社 (gore.co.jp)



本コラムでご紹介した内容をまとめたダウンロード資料を用意しました。是非ご覧ください。

  資料ダウンロード|R&D部門のテーマ創出と課題解決力を強化する R&D部門の開発テーマ創出と課題解決力を強化するための、体系的なメソッドと支援ソフトウェア活用の概要紹介資料をダウンロードいただけます。 株式会社アイデア


​​​​​​​全日本製造業コマ対戦 信州場所で優勝した「負けないTRIZコマ」の開発を例題に、TRIZの発想手法と、実際の問題解決への適用方法を紹介する無料Webセミナーを開催中です。詳細と参加申し込みはこちらから。

  あなたの問題解決能力を高めるTRIZセミナー 全日本製造業コマ対戦信州場所で優勝したTRIZコマ。 ”負けないコマを開発する”、その問題解決に、発明的問題解決理論「TRIZ(トリーズ)」がどのように活用されたのか? 3回のWebセミナーで詳しく紹介します。 TRIZの発想手法と、実際の問題解決への適用方法を知る。さらにTRIZ発想支援ツール『IDEA-TRIZ Toolbox』を使ってその発想法を体験できます。 株式会社アイデア






鹿倉 潔
鹿倉 潔

本連載コラム「今、R&D部門に求められている、テーマ創出力と課題解決力を組織的に強化する」の他の記事を読む

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を、組織的に強化する(第1回): 「Where/What/How」に、体系的アプローチで取り組む

2021-07-15 23:15

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を強化するための、体系的なメソッドを紹介する連載コラムです。自社技術の強みを活かす用途探索から、ターゲット用途におけるニーズ分析、事業化に向けた課題解決まで、メソッドとツールを紹介します

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を組織的に強化する(第2回): アイデアを出し、課題を解決するための具体的なフレームワークが必要

2021-07-23 20:22

R&D部門の開発テーマ創出と課題解決力を強化するためには、ステージゲート法のようなテーマ管理手法だけでなく、アイデアを創出するための具体的で体系的なプロセスが必要です。

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を組織的に強化する(第3回): 限られた時間の中で、成果を出すためのフレームワーク

2021-07-31 19:13

ステージゲート法のような管理手法や、「15%カルチャー」、「20%ルール」といった取り組みがあっても、エンジニアの創造的な発想力や考える力そのものを育てる取り組みがなければ、持続的にイノベーションを生み出し続けることは難しいままです。

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を組織的に強化する(第4回): 自社の技術(材料)シーズと、未来の顧客ニーズを繋ぐ

2021-08-09 14:07

自社の技術や材料シーズを、”機能”を介して、未来の顧客(用途)の課題解決へ繋いでいくメソッドが、「テーマ探索(シーズドリブンQD)」です。自社技術の強みの理解から、用途の探索、用途候補の絞り込みと、ニーズ分析までを行う体系的アプローチです

研究開発者のテーマ創出力と課題解決力を組織的に強化する(第5回): シーズドリブンQD手法とGoldfireを活用して、新規事業機会を探索する

2021-08-23 14:24

Goldfireは、意味検索に基づく「知識の発見」ソリューション。Goldfireを活用した、新規事業機会(用途)探索について紹介します。

貴社の課題を 私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
開発力を強化するメソッドが
わかる資料はこちら